Column03

Column03 日本で初めてのビタミンC飲料は?

ハウスウェルネスフーズの前身である武田食品工業の第1号の商品として、1958年に発売されたのが「プラッシー」。ビタミンPとビタミンCを配合した飲料を意味する「P+C(カラダにビタミンCを補給するプラスCの意味)」からその名が付けられました。家庭で手軽に飲める画期的な飲料として好評を博したビタミンC飲料の先駆的な商品です。当時は、原材料となるビタミンCの製造も当時の親会社である武田薬品が行っていました。