商品に関するよくあるご質問はこちらから
  • 商品特徴
  • 使い方
  • 味と見た目
  • 商品ラインアップ
  • 購入方法
  • 商品Q&A

毎日の食事づくりと家族の健康を、ごはんでサポート!

子育ても、家事も、仕事も、テキパキ、しっかり!栄養強化米は、そんながんばるママのサポーター。
お米に栄養素をコーティングした栄養強化米は、いつものごはんに混ぜるだけで、
栄養バランスをサポートしてくれるから、毎日の食事づくりがグンとラクに。家族の健康とママの笑顔を支えます。

主食のごはんで栄養バランスをサポート。献立づくりがカンタンに。

栄養バランスのよい食事をつくるために、なるべく多くの食品を組み合わせなくちゃ…。
わかってはいるけれど、毎日のこととなると、なかなか大変。栄養強化米なら、
主食のごはんが栄養バランスをサポートしてくれるので、ごはんづくりもちょっとカンタンになります。

ごはんでビタミン・鉄分をしっかりと補えます。

栄養強化米とは、精白米のまわりにビタミンやミネラルなどの栄養素をコーティングしたお米のこと。
いつもの白米に混ぜて炊くだけで、不足しがちな5種類のビタミン・鉄分をしっかり補給できます。
毎日食べる主食のごはんが、家族の栄養バランスを考えてくれます。
※サプリ米[ビタミン・鉄分]の場合

  • サプリ米[ビタミン・鉄分]入り
  • 普通のごはん

※普通のごはんを1とした場合の比較 ※「日本⾷品標準成分表2010」を参考にグラフを作成

栄養強化米が必要とされる理由とは?

ぱぱっと混ぜて炊くだけの手軽さが自慢です。

栄養強化米の使い方はとってもカンタン! スプーンでサッとすくって、パッと入れたら、
スイッチをポンッと押すだけ。あとは炊きあがるのを待つだけです。
しかも、1合あたりたったの0.75gと経済的。手軽だから、毎日続けやすいんです。

手軽だから、いろいろなシーンで使えて、とっても便利!

栄養バランスが気になるパパのお弁当に、育ち盛りのお子さまのおやつに、お惣菜で手早く済ませたいときに。
栄養強化米はシンプルでお手軽だから、いろいろなシーンで大活躍。
ふつうの白いごはんと同じように活用でき、アレンジも無限大です。

  • パパのお弁当づくりに
    不規則なパパのランチも、栄養強化米入りのお弁当なら、安心です。
  • 育ち盛りのお子さまのおやつに
    栄養強化米入りのおにぎりを。間食でもしっかり栄養バランスをサポートできます。
  • お惣菜で手早く済ませたいときに
    栄養が偏りがちなお惣菜中心の食事も、栄養強化米でバランスをサポート。

味も見た目もそのまんま。ごはんがすすむと、笑顔も弾みます。

栄養強化米にギュッと詰め込まれた栄養素は、炊くことでごはん全体に広がり、
炊きあがりはいつも通りの白いごはんに。味も香りも見た目もほとんど変わらないので、
お子さまも安心して食べてくれます。白いごはんが大好きなパパも、これならナットクです。

毎日食べるごはんをもっとおいしく。

毎日食べるごはんだから、いつもおいしく食べたいもの。炊飯器で炊くときのごはんがおいしくなるアイデアを紹介します。

  • TIPS 1 おこめの分量を正しく計る。
    米専用の計量カップ(180ml)を使うことがポイント。ふちに沿ってお米をすりきり、正確に計量しましょう。
  • TIPS 2 正しい水加減で炊く。
    お米の量に対して、1.35~1.45倍程度の水加減のポイント。炊飯器の場合は、平らな台の上で目盛り(水位線)に合わせましょう。
  • TIPS 3 炊きあがりすぐにほぐす。
    しゃもじをご飯の周りにぐるりと入れ、ご飯の上下を入れ替えます。次に切るようにして、粒をつぶさないように混ぜます。
  • ※ごはんを炊飯器で長時間保温すると、黄ばみや臭いがでたりすることがあります。残ったごはんは、早めに冷凍保存することがおすすめです。

商品ラインアップ

家族構成やライフステージに合わせて選べる、栄養強化米シリーズ。

もっと詳しく

栄養強化米の購⼊方法

  • 店舗
    日本全国のスーパーまたはお米屋さんで購入が可能です。スーパーでは、お米売り場に商品が置いてあります。
  • WEB
    ハウスグループのオンラインショップ「ハウスダイレクト」で各商品をご購入いただくことができます。
    www.house-direct.jp

商品Q&A

栄養強化米に関するよく寄せられるご質問にお答えします。

  • タイマー予約で、炊飯しても
    大丈夫ですか?

    問題ありません。前の晩に仕込んで、翌朝にタイマー予約で炊飯しても、栄養価はほとんど変わりません。

  • 炊飯後にご飯を冷凍しても
    大丈夫ですか?

    問題ありません。栄養成分はほとんど変わりません。

  • 子どもや妊婦、授乳中の人が
    食べても問題ありませんか?

    問題ありません。また、離乳食で使用しても問題ありません。

もっと詳しく