ホーム > 品質への取り組み > 研究開発体制

研究開発体制

機能性食品のパイオニアとして、お客様のための新しい価値を探求しています。

高品質で安全なモノづくりのための研究開発を、お客様の視点に立ち、
幅広い視野で行っています。未来を見据え、健やかなくらしを創造します。

長年の知見を生かした充実の研究開発。

当社は、健康飲料のパイオニアとして半世紀以上にわたり、ビタミンCをはじめとする栄養素の利用技術を培ってきました。生産部門だけでなく、精度の高い分析に基づく高品位の味づくりを行う健康食品のための充実した研究開発の部門を有しています。

機能的でおいしいモノづくりをサポート。

常にお客様のために、安全を第一に考えて製品開発に取り組んでいます。味を整えるためのマスキング技術や当社独自のコーティング技術など、機能性を保持したまま、よりおいしく味わっていただくためのさまざまな技術の研究開発も行っています。

健康と食品のこれからを見つめて。

お客様に対して「健康食品としてできることは何か?」を常に意識し、栄養素やスパイスなど、幅広い素材から新しい価値の創造に取り組んでいます。また、お客様のニーズを探り、健康と食品の未来を予見しながら、地道な努力を重ねています。

開発研究所

兵庫県と千葉県の2つの拠点でビタミン及びスパイスの研究開発や商品開発のための体制を整えています。

兵庫県伊丹市

ビタミンを中心にした研究は、伊丹本社敷地内に体制を構築。C1000や栄養強化米を中心にした商品開発を行っています。

千葉県四街道市

スパイスを中心にした研究は、千葉県四街道市に体制を構築。ウコンの力やメガシャキを中心にした商品開発を行っています。

ホーム > 品質への取り組み > 研究開発体制