商品に関するよくあるご質問はこちらから
  • 商品Q&A
  • 商品特徴
  • 商品ラインアップ
  • 導入事例

不足しがちな栄養素を主食のごはんで補えば献立の幅は広がります。

不足しがちなビタミンやミネラルを、お米にコーティングした栄養強化米。
白米に混ぜて炊くだけで、主食のごはんで栄養バランスをサポートできるので、献立づくりがもっと自由に、簡単に。
食事を基本とした栄養バランスのサポートがしやすく、手軽で低コスト。様々な現場で継続利用が可能です。

新玄

  • お米の色が黄色いのはなぜですか?

    「新玄」は、白米に6種類のビタミン(ビタミンB1、B2、B6、ナイアシン,葉酸、パントテン酸)と鉄分をコーティングしています。黄色はビタミンBの色で、炊飯後にはほぼ分からない程度に薄れます。

  • どうやって使うのですか?

    お米10kgに対し50gの割合で加え、よく混ぜ合わせて炊飯してください。炊く前であれば、洗米の前後にかかわらず、いつ加えていただいてもかまいません。無洗米の場合も同様の割合で加え、よく混ぜ合わせて炊飯してください。

  • お米と一緒に洗米しても大丈夫ですか?

    問題ありません。水洗いをしても栄養価は変わりません。

  • アレルギー物質を使用していますか?

    アレルギー物質27品目は使用していません。

  • 賞味期限はどこに表示されていますか?

    「新玄1kg」は袋の裏面枠外下部に表示されています。
    「新玄2.5kg」は袋の裏面枠外右下部に表示されています。

ポリライス

  • お米の色が黄色いのはなぜですか?

    「ポリライス」は、白米に2種類のビタミン(ビタミンB1、B2)をコーティングしています。黄色はビタミンBの色で、炊飯後にはほぼ分からない程度に薄れます。

  • どうやって使うのですか?

    お米10kgに対し50gの割合で加え、よく混ぜ合わせて炊飯してください。炊く前であれば、洗米の前後にかかわらず、いつ加えていただいてもかまいません。無洗米の場合も同様の割合で加え、よく混ぜ合わせて炊飯してください。

  • お米と一緒に洗米しても大丈夫ですか?

    問題ありません。水洗いをしても栄養価は変わりません。

  • アレルギー物質を使用していますか?

    アレルギー物質27品目は使用していません。

  • 賞味期限はどこに表示されていますか?

    袋の裏面枠外上部に表示されています。

炊きたてカルシウム

  • どうやって使うのですか?

    お米の洗米後に、お米1kgに対し15gを入れよく混ぜ合わせて炊飯してください。
    無洗米の場合も同様の割合で入れよく混ぜ合わせて炊飯してください。

  • お米と一緒に洗米しても大丈夫ですか?

    一緒に洗米してしまうと、栄養成分が削れてしまうので洗米後に加えて下さい。

  • アレルギー物質を使用していますか?

    アレルギー物質27品目は使用していません。

  • 賞味期限はどこに表示されていますか?

    袋の枠外下部に表示されています。

ごはんでビタミン・鉄分をしっかりと補えます。

栄養強化米とは、精白米のまわりにビタミンやミネラルなどの栄養素をコーティングしたお米のこと。
いつもの白米に混ぜて炊くだけで、6種類のビタミン、鉄分をほぼ玄米レベルに回復させます。
毎日食べる主食のごはんが、栄養バランスを考えてくれます。
※新玄1kg、2.5kgの場合

  • 新玄入り
  • 玄米ごはん
  • 普通のごはん

※普通のごはんを1とした場合の比較 ※「日本⾷品標準成分表2015」を参考にグラフを作成

業務用強化米が支持される3つの理由

通常の白米に少量混ぜて炊くだけで、6種類のビタミン、鉄分がほぼ玄米レベルの栄養価となり、
業務用の献立づくりや調理において、様々なメリットが得られます。

※新玄1kg、2.5kgの場合

  • 栄養バランスをサポート
    毎日の活動や身体の成長に欠かせないビタミンやミネラルを主食でサポート。毎日一定量の栄養を安心して摂取できます。
  • 低コストで続けやすい
    必要量は白米100gに対してたった0.5g。毎日使い続けるのにうれしい低コスト。保存性が高く、ロスも出ません。
  • 手軽で使いやすい
    強化米は白米に混ぜて炊くだけでOK。味も香りも見た目も普通のごはんとほとんど変わらないため、無理なく食べられます。

商品ラインアップ

年齢層や活動内容に応じて選べる、業務用栄養強化米シリーズ。

もっと詳しく

誕生から60年。栄養強化米は、様々な場面で活用されています。

1954年、戦後における国民の栄養改善を目的に生まれた栄養強化米。
時代の変化や現場のニーズに応じて改良を重ね、ラインナップを増やし、進化を続けてきました。
学校給食、社員食堂、選手寮、病院、高齢者施設、小売店、被災地など、様々な場面で活用されています。